本性寺について

本性寺縁起

本性寺は、下総国小金宿平賀(千葉県松戸市)あじさい寺でも有名な日蓮宗の本山、長谷山本土寺の末寺で、設立の縁起は徳川家康の江戸入府に従ってきた三河の郷士、三田佐兵衛尉守綱(妙傳院殿蓮向日香大居士)が開基であり、麹町9丁目辺りに営んでいた隠居所を、寛永18年(1641)観智院日泳上人に譲渡し三田氏の没後、その菩提を弔うためこの地に本性庵として創建されたのに始まる。また寛文10年(1670)に寺地改めがあったので、所願を奉って寺地として拝領し、平等山本性寺と改号した。しかし、本堂庫裡の造営は成らずして、日泳上人は延宝5年10月7日に遷化してしまった。それ故、開山は日泳上人であるが、本堂庫裡が出来たのは2代目の円智院日成上人の代からである。 また、本性寺は戦前、四谷の毘沙門さまとして賑わいをみせており、本堂・山門・毘沙門堂と戦災で焼け残った大変貴重な建造物である。 本尊勧請様式は一塔両尊四士であり、祖像は説法像である。このほか持国・広目・毘沙門・増長天王の四天王像、不動明王、愛染明王、文殊、普賢菩薩、鬼子母尊神、七面大明神、大黒天神、厨子入の毘沙門天木像を安置している。

本性寺